初代BYD F3は2005年に生産を開始しました。 オリジナルのF3は、初期のモデルのための三菱の4Gシリーズ四気筒エンジンを搭載しています。 オリジナルモデルのデザインは、第九世代トヨタ-カローラに大きくベンチマークされ、第四世代ホンダ-シティに似た後端を持つトヨタ-カローラに大きく似た外装ボディデザインを特徴としている。 インテリアはカローラのインテリアにも似ており、ダッシュボード、センターコンソール、HVACコントロール、通気口のデザインが一致しています。

  • 2005-2013 BYD f3フロント。

  • 2005-2013 BYD f3リア。

  • 2007 BYD f3rフロント。

  • 2007 BYD f3rリア。

2014 faceliftEdit

2014年に初代BYD F3がフェイスリフトされ、その年に第二世代モデルと一緒に生産が開始されました。 これは、新しいグリル、ヘッドライト、テールライト、バンパー、ホイールやミラーを与えられました。 価格は63,900円~70,900円。 それは1.5l四気筒エンジンBYD473QEとして知られている107馬力を生産で実行されます。 このエンジンは、2011年以来F3の署名となっています。 ターボチャージャー付き1.5LエンジンはBYD476ZQAとしても利用可能であり、151馬力を生成します。 このモデルのための伝達選択は5つの速度マニュアル、6つの速度マニュアルまたは6つの速度の自動変速機である。 1.5リッターターボエンジンは2015年半ばに廃止された。

  • 2014-2015 BYD F3フェイスリフトフロント。

  • 2014-2015 BYD F3フェイスリフトリア。

  • オートチャイナでBYD F3 2014

2016 faceliftEdit

初代BYD F3は2016年に別のフェイスリフトを受けました。 更新されたF3は、5速マニュアルトランスミッションまたは6速オートマチックトランスミッションに合わせ、109hpと同じ1.5リットルのインラインフォーエンジンを搭載しています。 フェイスリフトは、再設計されたフロントエンドとリアエンドを備えています。

  • 2016–2016年現在、byd F3のフェイスリフトのフロント。

  • 2016–2016年現在、byd F3に所属している。

仕様編集

BYD F3は、ディストリビューターレスボッシュ点火と燃料噴射を備えた4気筒、1.5リットル、三菱オリオンエンジン(4G15S)を備えています。 車両はユーロ4排出ガス基準を誇っています。 エンジン出力は78kW(105hp)である。 燃費は約4.7L/100km(60mpg‑imp;50MPG‑US)である。 1.6リッターの三菱オリオンエンジン(4G18)が標準装備された。 エンジン出力は735kW(99hp)で、燃費は約5L/100km(56mpg‑imp;47MPG‑US)である。 その後、三菱のエンジンは2011年以降、新しいBYDエンジンに置き換えられました。 トランスミッションマトリクスは5速マニュアルトランスミッションである。 スリーポイントセーフティベルト、パワーステアリング、195/60R15タイヤ、4輪ABSディスクブレーキシステムを標準装備した合金ホイール、LEDテールライト、ハロゲンヘッドライト。

BYD F3オーナーは、3つのトリムパッケージ(GL-i、GL-X、GL-Xi)から選択することができます。 すべてのモデルは標準的な装置によって来ます: AC、AM/FM/CD/MP3ステレオ、電気窓およびミラー。 オプション装備には、アップグレードされた本革シート、第3ブレーキライト、運転席および助手席エアバッグ、補助フロントフォグランプ、アップグレードされたオーディオ/IVI(車両インフォテインメント)が含まれています。 配色は白、黒、シャンパン、赤で、黒が最も一般的です。

派生品編集

BYD F3の派生品には、BYD F3DM(デュアルモード、充電式電気/ガス充電式車両)、BYD F3R(ハッチバック)、BYD L3(進化版)、BYD G3(やや大型版)、BYD Surui(高級版)がある。 2009年には、bydはg3を更新/アップグレードされたコンパクトクラスの車両として導入しましたが、F3は引き続き国内市場で販売されます。

MarketingEdit

2011年3月、BYDは、政府のインセンティブと景気刺激策が低下したため、中国国内の自動車販売の減速に対処するために、5台の車両の価格を引き下げた。 価格の引き下げは、車両コストの5%から15%の範囲です。 低価格モデルには、F0、F3、G3、F6が含まれます。 いくつかの新しいモデルは、ミニバンとHUV/CUV車を含む2011年に予定されています。

2011年3月、BYD F3DM(dual mode electric and gas vehicle)のレビューがNY Times news紙に掲載されました。 著者はBYD F3DMに、むしろ実用的なレビューであれば、堅実なものを与えました。 価格ポイントは、政府のインセンティブの後に約US$20,000であると報告されています。 現在、BYDは北米でのディーラーネットワークを計画しており、最初の小売店はカリフォルニア州ロサンゼルスに予定されています。 他の5つのディーラーは最初に期待されています。

2011年から2013年にかけて、ロシアのタガズ工場でBYD F3が組み立てられた。

  • BYD f3輸出(中国のBYD L3)。

  • 2008-2013 byd F3Rの輸出(中国のBYD G3R)の前部。

2020 returnEdit

初代F3は、クラシックバージョンとして知られている唯一のトリムレベルで2020年モデルのためのリターンを作りました。 同じ1.5リッターエンジンはBYD473QFとして知られており、5速マニュアルギアボックスとペアになっており、44,900元(6,360USD-May2020為替レート)で販売されている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。