“WHO’S International Agency for Research on Cancer(IARC)は、夜勤の仕事をおそらくヒトに発癌性があると分類しています。 夜間の人工光への曝露、概日リズムの崩壊、および乳癌および前立腺癌との間の関連性を示す証拠がある。 この研究では、都市での夜間の光への曝露がこれら2つのタイプの癌の発症に影響を与えるかどうかを判断しようとしました」と、ISGlobal研究者であり、研究のコーディネーターであるManolis Kogevinas氏は説明しています。 「その強度と波長に応じて、特に青色スペクトルの人工光がメラトニンの産生と分泌を減少させることがわかっています」と、カナダのSherbrookeのcégepの物理学教授であり、研究の共著者であるMartin Aubé氏は述べています。

この研究は、”Consorcio de Investigación Biomédica en Red de Epidemiología y Salud Pública”(CIBERESP)によって共同資金提供されたMCC-Spainプロジェクトの枠組みの中で実施され、4,000人以上の20歳から85歳の間の11のスペインの地域 人工光の屋外レベルは、国際宇宙ステーションに乗って宇宙飛行士が撮影した夜行性の画像に基づいて、マドリードとバルセロナのために評価しながら、人工光への屋内暴露は、個人的なアンケートを通じて決定されました。

両方の都市で得られた結果は、より高いレベルの青色光に曝された参加者は、曝露されていない人口と比較して、それぞれ乳房および前立腺癌を発

ISGlobalの研究者であり、この研究の最初の著者であるAriadna Garcíaは、”夜間の人工光の遍在性を考えると、それが癌のリスクを増加させるかどうかを判断することは公衆衛生上の問題である。「現時点では、屋内の光レベルを測定できる光センサーなどを使用して、より多くの個々のデータを追加する必要があります。 また、青色発光スクリーンを広く使用する若者にこの種の研究を行うことも重要です。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。