加齢黄斑変性症(AMD)は、すべての盲目の登録の約半分を占める先進国の主要な健康上の問題です。 現在の治療選択肢は大多数の患者には不適切であるため、疾患予防プログラムを知らせる可能性のある変更可能な危険因子の特定が優先事項で このレビューでは、青色光曝露がAMDの病因に役割を果たすという長年の信念を評価します。 実験室の証拠は、外側の網膜の酸素に富む環境における光化学反応が細胞傷害性活性酸素種(ROS)の解放につながることを実証している。 これらのROSは酸化ストレスを引き起こし、AMDの発症に寄与することが知られています。 AMDの病因に関与している可能性があります正確なchromoporeは不明ですが、年齢色素リポフスチンは可能性の高い候補です。 その好気性光反応性および抗酸化活性に対する悪影響と時間の経過とともに徐々に蓄積することは、結晶レンズの吸収特性の変化にもかかわらず、in vivoでの光毒性が加齢とともに増加することを示唆している。 動物実験からの証拠は青いライトの有害な潜在性を確認しますが、結果は人間の黄斑変性症に直接適当ではないです。 白内障手術後のヒト黄斑色素密度およびAMD進行のリスクの研究は、青色光曝露がAMDの病因に関与しているという仮説にさらに重きを置くが、疫学的証拠はあいまいである。 バランスのとれた証拠は、青色光がAMDの危険因子であることを示唆しているが、まだ確認していない。 この病気の社会経済的影響と変更可能な危険因子を特定する緊急の必要性を考えると、今後の研究には、AMDの進行率に対する青色ブロッキングフィル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。