胚盤胞移植一目で

  • 胚盤胞は、液体で満たされたコアを形成し始める発達の高度な段階にある胚です。
  • この段階まで成熟した胚は、妊娠につながる可能性が高くなります。
  • 理想的には、IVFを受けているすべての女性は、胚盤胞期に進行した胚で移植を受けるでしょう。
  • しかし、胚盤胞移植はすべての女性に適しているわけではなく、すべての胚がこの段階に進行するわけではありません。 これらのケースでは、3日目の胚は、より高い妊娠率をもたらした可能性があります。

胚盤胞移植とは何ですか?

胚盤胞は、液体で満たされたコアを形成し始める段階に進行した胚です。 これは通常排卵の後の5から6日発生し、胚の開発の重大な部分です。 胚盤胞移植は、胚盤胞の子宮内への配置である。

なぜ実行されるのですか?

胚盤胞期に進行した胚は、初期段階(2日目、3日目、4日目)の胚よりも妊娠する可能性が高くなります。

これは胚の自然選択の結果であると考えられており、胚盤胞の発達段階まで培養が進行した胚は、グループの中で最も健康的な胚であり、この段階まで存続し成長することができることを意味している。

胚盤胞移植を受けることはできますか?

理想的には、すべての女性がこの段階に進行した胚で移植を受けることになります。 しかし、このタイプの転送はすべての女性に適しているわけではありません。

胚移植の日は、女性から卵を収穫した後の三日目に利用可能な胚の数と質によって異なります。

女性が卵の収穫後3日目に4個以上の高品質の胚を持っている場合、その2日後に胚盤胞を持っている可能性が高い。 女性が35歳以上である場合、または移植後3日目に高品質の胚がほとんどない場合、2日後に胚盤胞を有する可能性は低い。 これらの女性には、3日目の胚移植がより適切であることがよくあります。

このタイプの胚移植の利点は何ですか?

胚盤胞移植により、妊娠の可能性が最も高い胚を選択することができます。 これは、優れた妊娠率を維持しながら、一般的に少ない胚を子宮に戻すことができることを意味します。

リスクと欠点は何ですか?

胚盤胞移植の大きな欠点は、胚がこの段階に進行しない可能性があることです。 これは、胚が遺伝的に異常であるか、または人工培養系を許容しないなど、多くの理由で起こり得る。

これらのケースでは、3日目の胚が妊娠率を高めた可能性があります。 カップルが前にIVFを行っていない限り、このシナリオを予測することはできません。

胚盤胞期まで培養された胚において、インプリンティング障害がより一般的であるかどうかの問題もある。 ICSIと同様に、培養条件または不妊診断がこの疑いのあるリスクの原因であるかどうかは不明である。 いずれにしても、障害を刻印するリスクはまれです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。