バプテストの葬儀の主な目的は、家族や友人に希望と慰めを提供し、出発した人の人生を覚えておくことです。 この希望は、死者の復活の信念に基づいています。 家族を慰めるという目標のために、哀悼の意、訪問サービス、および弔辞は、バプテストの葬儀で重要な役割を果たしています。

バプテスト教会の会衆性のために、葬儀の編成方法には柔軟性があり、地元の牧師は常に特定の教会に適した習慣に関する最良の権威となります。

訪問
葬儀の主な目的は家族に快適さを提供することであるため、通常は葬儀場での訪問は伝統の重要な部分です。 これらの訪問では、家族に哀悼の意が提供され、出発した人の思い出が共有され、友人と家族がお互いの相互支援を提供します。 ボディは開いた小箱で見ることのために通常利用できるが、ボディを見ることは任意である。 女性と男性は暗い服を着ている必要があります。 体を見ることを選択しないゲストは、出発した人と家族の両方に敬意を表し、静かで威厳のある方法でそうする必要があります。

鑑賞のための身体の防腐と火葬サービスの両方が受け入れられていますが、伝統的な身体の鑑賞はバプテストの伝統ではより典型的です。

葬儀サービス
教会や葬儀場で開催される葬儀や供養は、宗教的なサービスです。 その主な目的は、死者の復活に対する確固たる信念に基づいて家族に希望を提供することです。 牧師によって行われる奉仕は、30-60分の長さになりますが、より長くすることができます。 地元の牧師と家族の願いは、奉仕の正確な性質を形作るのに役立ちます。 典型的には、呼び出し、死亡記事、聖書からの読み、賛美歌、賛辞、説教、読書を閉じると音楽を閉じることがあります。 祈りと読書の焦点は、魂が神に会い、家族に希望を提供するための準備のために神の助けを求めることです。 そこに大きな価値になります古いものと新しい新約聖書からの読書の様々なものがあり、牧師や葬儀ディレクターは、家族が選択することができ、そこから

音楽
葬儀の際に歌われる伝統的な音楽や賛美歌には、通常、励ましと希望の言葉が含まれています。 それが宗教的である限り、より現代的な音楽が含まれることがあります。 それは彼らの宗教的信念に違反しない限り、参加者は歌う必要があります。 家族は通常,彼らにとって最も意味のある賛美歌を選ぶことができます。

埋葬
通常、葬儀の後に墓地で奉仕が行われます。 サービスは、例えば詩篇23、(”主は私の羊飼いです”)祈りに続いて、聖書からの読書のように簡単かもしれない、またはそれは軍事や他の儀式が関与している場 家族の願いは、サービスがどれほど簡潔で精巧であるかを決定します。 家族とゲストの両方が通常出席します。 棺が地面にコミットされると、牧師による祝福が続きます。 かなり頻繁にレセプションは、人々が出発した愛する人の食べ物、物語、思い出を共有する教会、家庭やレストランで従うことができます。

バプテスト教会の会衆の性質のために、そして約43のバプテストの宗派があるので、バプテストの牧師は、地元の習慣や伝統に合わせて葬儀を手配す

全国バプテスト大会における”ゴーイングホーム”サービスのサンプルとして、このリンクをクリックすることができます。 “最後のもの”と追加のコア信念に関する南部バプテスト大会の基本的な信念について学ぶには、このリンクをクリックすることができます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。