ブルーダイヤモンド
ブルーダイヤモンドとは何ですか? ダイヤモンドはほぼすべての色で発生する可能性がありますが、黄色と茶色が最も一般的です。 青いダイヤモンドはカーボン家族のメンバーで、知られている最も堅い物質です。 単語のダイヤモンドは石の特性を反映する”最も堅い金属”を意味するギリシャ語の単語”adamas”から得られる。 黄色や茶色以外の検出可能な色相を持つダイヤモンドは、カラーダイヤモンドとして知られています。 色が十分に強い場合、石は貿易によって派手な色のダイヤモンドと呼ばれることがあります。 天然のファンシーカラーダイヤモンドと合成カラーダイヤモンドがあります。 これらの主題のいずれかの詳細については、インデックスを参照してください。

ダイヤモンドカラーの定義
ブルーダイヤモンドの定義は何ですか? 着色されたダイヤモンドは着色を引き起こす構造欠陥か不純物を含んでいます。 最も一般的な不純物である窒素は、存在する窒素の濃度に応じてわずかに強い黄色の着色を引き起こす。 天然のブルーダイヤモンドには、ダイヤモンドの導電率を変化させる元素ホウ素(B)が含まれています。

シンボリズム&ブルーダイヤモンドの意味
ダイヤモンドに密接に関連する伝統的な特性は、行動、情熱、エネルギーです。 ダイヤモンドを含んでいる宝石類は関係を高め、内部の強さを高め、バランス、明快さおよび豊富を携帯者に与えると信じられる。 ダイヤモンドを含むジュエリーを身に着けていることは、宝石を通して貴重な宝石のエネルギーを集中させると考えられています。 青の色は、天国の恵みを象徴する聖書の意味を持っています。

有名な&希少なブルーダイヤモンドの名前:
最も有名なブルーダイヤモンドは、悪名高いホープダイヤモンドです。 ホープダイヤモンドとなったフランスのブルーダイヤモンドは、フランス革命中の1762年にフランスの王冠の宝石から盗まれました。 リージェント(かすかな青)、ホープ、ウィッテルスバッハ、モロッコのスルタン、ブルーハート、永遠の心とトランスヴァールブルーを含むいくつかの他の有名な珍しいブルーダイヤモンドがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。