インドはすでに、環境・森林・気候変動大臣のプラカシュ・ジャヴァデカールによると、国内総生産(GDP)の排出強度を2005年比で21%削減している。 これは、2030年までにGDPの排出量を大幅に削減するというインドのコミットメントに沿ったものです。 しかし、他の主要国は勤勉ではありません。

「パリ協定を通じて5年前に採択された全国決定拠出金(Ndc)の下で、インドは2030年までにGDPの排出強度を33〜35%削減することを約束した…我々はすでに21%を達成している」とJavadekar氏は語った。

「残りの12-13%は今後10年間で達成されるだろう。 パリ協定は2015年に偽造されたにもかかわらず、2021年から実施可能になるだろう”と彼は付け加えた。

パリ協定

パリ協定は、国連気候変動枠組条約(UNFCCC)内の協定です。 これは、温室効果ガス排出の緩和、適応、および財政に関する懸念に対処することを目的としています。 これは気候変動に関する法的拘束力のある国際条約であり、196の締約国によって採択されました(COP)21パリでの会議,on December12,2015.

Javadekar氏は、気候変動緩和の責任を他国に捨て、約束を尊重しないために先進国にjibeを取って、”世界は気候変動を緩和し、途上国のエネルギー移行を支援するた 今、この需要は1年間で11兆ドル以上に上昇していますが、これらの金銭はどこにも見つかりません。

技術移転

また、技術移転の約束を履行していないために先進国に打撃を与え、彼は言った、”期待通りの技術移転は起こっていません。 技術は来ていますが、利益であり、サポートとしてではありません…気候変動が災害であれば、利益の動機はないはずです。”

“おそらく、私たちはパリの気候変動協定に準拠した行動をとっている数少ない国です。 インドは、2030年までに世界の気温が摂氏2度以下に上昇しないようにするという約束を遵守している唯一の主要国です”と彼は付け加えました。

2020年12月11日公開

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。